農園日誌ー農園マルシェ開催に向けて

30.10.10(水曜日)曇り、最高温度24度、最低温度20度 野菜万頭 様々な野菜を具材に 草木堆肥で育てた小麦の全粒粉 この他、全粒粉の小麦で参加した子供達も含めて、やせ馬を作った。 小学5年生の親御さんからは、長らく、親子の会話がなかった…

農園日誌ー

30.10.3(水曜日)晴れ、最高温度24度、最低温度20度 ほうれん草の種蒔き 台風一過、随分と朝夕が涼しく感じられ、時には肌寒ささえ覚える気候になってきた。そうなると、ほうれん草の種蒔き時季となる。 台風24号は思いの他、大きな被害をもた…

農園日誌ー

30.9.26(水曜日)曇り後雨、最高温度25度、最低温度22度 暑季過ぎて土手一面の曼珠沙華 夜も眠れないほどの暑さだったのに、気がつくと、朝は布団にくるまっている。 それもそうで、早、9月も終わろうとしている。 農園では、畝作り、種蒔き、…

農園日誌ー初秋を迎えて

30.9.19(水曜日)雲り、最高温度29度、最低温度24度 里芋にあらず、筍芋です 季節は暦の上では、初秋9月となっている。 それでも、気温は30度前後。一昔であれば、充分に夏の平均温度となっている。 日中に鍬打ち作業を行えば、今日もそうだ…

農園日誌ーむかし野菜の邑の進むべき道は?

30.9.12(水曜日)雨、最高温度28度、最低温度24度 二番の畑にセロリが植わった 秋野菜の準備を進めていた畑に、セロリを 定植した風景。(今年11月末頃から出荷) (左の写真)畝全体に草木堆肥を振った 後に、畝立てし、同じく草木堆肥を先肥…

農園日誌ー

30.9.6(木曜日)曇り、最高温度33度、最低温度25度 秋野菜の植え付け始まる 秋作のため、空けていた二番の圃場。 草木堆肥を降り、畝立てを終え、写真は秋インゲン豆を定植しているところ。 ここには、人参・セロリ・芽キャベツ・白菜などを植え…

農園日誌ー

30.8.29(水曜日)晴れ、最高温度35度、最低温度25度 秋野菜の種蒔き始まる 8月の小雨はもう慣れてしまった。それでも、秋野菜の種蒔きは始めなければならない。今週末土曜日頃から、秋型の気候に変ってくれることを祈って明日夕方から種蒔きを…

農園日誌ー

30.8.22(水曜日)曇り、時折雨、最高温度32度、最低温度27度 (台風19号の影響あり) 秋野菜の種蒔きを待つ2番の畑 今年の夏は高気圧の勢いが強く雨が少なく、台風以外に降雨は望めそうも無い。 土壌には水分が枯渇しており、砂漠のようにな…

農園日誌ー

30.8.15(水曜日)曇り、時折雨、最高温度33度、最低温度26度 一本葱の土寄せ 酷暑の中、鍬で4人がかりで二回目の土寄せ作業を行う。 夏場にかなりな葱が落ちていき、生き残ったものが10月頃から出荷を迎える。 今年は、格別に暑く、葱の葉の…

農園日誌ー

30.8.8(水曜日)晴れ、最高温度34度、最低温度27度 むかし野菜の邑の生け垣にしているブルーベリー 8.25.台風による恵の雨以来、すでに二週間、まったく雨が降らない日が続く。 入道雲も見えず、次の台風襲来をひたすら待つ。 黒大豆の種を…

農園日誌ー生きる

30.8.1(水曜日)曇り、時折雨、最高温度33度、最低温度27度 夕暮れ時の4番の畑 気まぐれ台風のおかげで、まとまった雨が 降り、野菜はみな、元気を取り戻した。 特に茄子は、一番果も終わり、茄子本来のきれいな姿の茄子が採れ始めた。 これから…

農園日誌ー生きる

30.7.25(水曜日)晴れ、最高温度38度、最低温度27度 生きることに必死の金時生姜 ブログをたぐっていくと、すでに25日雨が降っていない。 畑の表面温度は50度近くに跳ね上げっている。 この金時生姜に限らず、全ての夏野菜が生きることに集…

農園日誌ー

30.7.19(木曜日)晴れ、最高温度37度、最低温度26度 大豆の種蒔き風景 ここ由布市狭間町下市に旧田んぼが二枚、3反半。大豆の圃場とする。 由布市庄内に4反の大豆の圃場、草木堆肥を振り、豆を蒔く。 完了までには、来週いっぱいはかかる予定…

農園日誌ー

30.7.11(水曜日)晴れ、最高温度34度、最低温度24度 ピーマン系野菜の畝揚げ作業 梅雨の間に雨によって固められた土壌では、野菜達は呼吸ができなくなるため、 中耕により、根に空気を送り込んでやる。その際に除草と追肥(草木堆肥)を行う。 …

農園日誌

30.7.4(水曜日)曇り、時折晴れ間、最高温度33度、最低温度22度 夕方になると、全員で トマトの収穫作業に入る。二時間半は要する 今年は、隔日で毎回 40キロ以上のトマトが 採れる。 写真はフルーツトマト。 12列のトマトが5番の畑に育って…

農園日誌ー

30.6.27(水曜日)晴れ、最高温度32度、最低温度22度 ピーマン系夏野菜の初期的支柱立て 夏の代表的野菜、ピーマン・パプリカ・ミニパプリカ・黒ピーマン・万願寺及び伏見とうがらし等、7種類のピーマン系野菜。およそ30余畝ある。 日常の作業…

農園日誌ー

30.6.20(水曜日)雨後曇り、最高温度28度、最低温度20度 初夏野菜の胡瓜が鈴なりに 今年は、どうやら、春と夏の間に必ず訪れる端境期が無さそう。 春野菜は成長が遅れ、初夏野菜は収穫時期が早まり、夏野菜は梅雨が終わると同時に最盛期を迎えそ…

農園日誌

30.6.14(木曜日)曇り、最高温度25度、最低温度19度 トマトの剪定・誘引作業 昨日、ジョルジョマルソーから女性シェフが農園の一日体験に訪れた。 何でも今月から野菜の仕入管理担当になったそうだ。 マルソーでは、使う野菜の70~80%がむかし…

農園日誌ー重い空気

30.6.6.(水曜日)終日小雨、最高温度23度、最低温度16度 麦の刈り取り(30.6.3) 30.5.13.の写真 由布市狭間町下市の穀類畑 ここには約3反半の麦(大麦・小麦・古代小麦)が育っている。 梅雨入りに伴い、成熟が遅れており、 危…

農園日誌ー当世若者気質

30.5.30(水曜日)曇り、時折小雨、最高温度23度、最低温度18度 胡瓜の手 地面に這っていた胡瓜にようやく手(支柱)をしてもらった。 これから一雨毎に成長していく。 農園はズッキーニ・インゲン豆・胡瓜と初夏野菜に移ろうとしている。 隣のキ…

農園日誌ー自立した農家になるには!

30.5.23(水曜日)終日小雨、最高温度20度、最低温度15度 じゃがいもの花 じゃがいもの花が咲き始めると、約二週間程で収穫の時季を迎える。 表題の花は、アンデス(赤)という品種 下の花はパープルじゃがいも(メークィンの一種) いもの種類によっ…

農園日誌ー夏野菜

30.5.16(水曜日)晴れ、最高温度28度、最低温度14度 夕暮れ時の3番の畑 小さく見えているのが、植え込んだばかりの茄子。 今年は何だか変。種蒔きし、苗を育てるまでは順調なのに、植え込むと勢いを無くし 倒れていく。何回か、植継ぎをしなければ…

農園日誌ー

30.5.9(水曜日)晴れ、最高温度23度、最低温度16度 むかし野菜の邑、庭一面のジャーマンカモミールの花 農園は、連日、急ピッチでの夏野菜の植え込み作業を行っている。 先ずは、5・6番の畑の玉葱を引かねばならない。 作業日程が詰まっており、唯…

農園日誌ー

30.5.2(水曜日)雨、最高温度22度、最低温度13度 大麦 小六の孫娘が麦畑を見て、 「きれい」と、一言。 この子は農園で育ったようなもので、野菜畑は見慣れている筈。 命の源となるたわわに実りつつある穀類、自分も麦踏みを行ったとの思い、そこに …

農園日誌ー

30.4.25(水曜日)晴れ、最高温度18度、最低温度8度 作業棟の軒下に吊した早生の玉葱 今年は暖かな春の影響で、やや大玉になっている。 それでも、低窒素栽培となる草木堆肥では、有機農法に比べて半分か、2/3程度の大きさになる。その分、美味しさ…

農園日誌ー農園の四季-冬

30.4.18(水曜日)快晴、最高温度20度、最低温度8度 ブルーベリーの花が満開 ついでにこの暖かさにつられて、庭の多重咲きのチューリップも満開。 畑のこぼれ種によるカモミールの花も 今から満開の時季を迎える。 農園はこれから一年のうちでも忙し…

農園日誌ー農園の四季-秋

30.4.11(水曜日)曇り、最高温度22度、最低温度9度 絹さやインゲンの花 春真っ盛りの4月、農園では豆のシーズンを迎える。 その最初の豆は、絹さやエンドウ。続いてスナップエンドウ、さらに実エンドウ、5月になると空豆、6月は、インゲン豆と続く…

農園日誌ー農園の四季-夏

30.4.4.(水曜日)曇り、最高温度19度、最低温度8度 踏み込み堆肥の上に置かれた夏野菜の苗 今年の春の気温は異常な暑さではあるが、何時、寒の戻りがあるかもしれない。 そのため、育苗ハウス内で、草木堆肥の発酵熱で夏野菜を育てている。 季節は今…

農園日誌ー農園の四季

30.3.28(水曜日)晴れ、最高温度19度、最低温度6度 玉葱を植えている8番の畑 まるでお花畑になったかのように、菜の花や雑草の花が咲き乱れている。 除草作業の風景です。 今日は撮り貯めてきた農園の四季を選んでみました。 H27.3.27 3番の…

農園日誌ー

30.3.21(水曜日)雨、最高温度10度、最低温度7度 スモモの花 むかし野菜の邑にも春が来た。 昨年新築した際に植栽した果樹に白い花が咲き始めた。 これから、しばらくして、垣根に植えたブルーベリーの花も満開になるだろう。 ようやく厳しい厳し…