農園日誌Ⅱー「活きること」ーPART12ー新たな仲間達

2019.4.3(水曜日)晴れ、最高温度14度、最低温度4度 夏野菜植え込み準備始まる 当農園では、肥料は使わず、草木堆肥のみ施肥する。 草木堆肥は低窒素のため、これから数ヶ月間、実を付けてくれる夏野菜にはやや 窒素不足となってしまう。そのた…

農園日誌Ⅱー「活きること」ーPART11ー新たな仲間達

31.3.27(水曜日)晴れ、最高温度20度、最低温度6度 玉葱畑ー7番の圃場 新玉葱の季節になった。この時季は、葉と共に出荷できる葉玉葱が出始める。 葉の部位は葱として使い、玉の部分は甘く柔らかいためサラダとして用いる。 そうなると、葱坊主…

農園日誌Ⅱー「生きること」ーPARTⅩ農園セミナー開催

31.3.20(水曜日)曇り後晴れ、最高温度17度、最低温度4度 冬の間に仕込んでいた夏野菜を踏み込み堆肥の温床ベットで育てる この夏野菜達は4月初旬頃植え込みではあるが、遅霜の心配もあり、 例年4月10日頃に定植する。どの野菜を早く出荷し、…

農園日誌Ⅱー「活きること」ーPARTⅨマーケティング的思考

31.3.13(水曜日)晴れ、最高温度12度、最低温度4度 6番の畑に菜の花満開 この後、この花達は鋤きこまれ、緑肥になる。 草木堆肥・焼き灰を振られ、緑肥(有機物)と一緒に微生物達により、分解され、 土壌が肥沃に育っていく。 スタッフ総出で麦…

農園日誌Ⅱー「活きること」ーPARTⅧ

31.3.6(水曜日)雨、最高温度12度、最低温度8度 麦畑(裸麦)の風景 この畑も穀類を作り始めてすでに4年目に入った。 裏作に大豆を植えているので、すでに7回以上は草木堆肥が入っている。 最初の泥田の頃から比べると、随分と団粒化(腐食)が…

農園日誌Ⅱー「活きること」ーPARTⅦー「冬の虹」

31.2.27(水曜日)曇り、後雨、最高温度13度、最低温度6度 春を待つ二月、暦より一足早くトンネルを撤去。 急に視界が開け、冬野菜の全貌が見える。今年の春の訪れは早い。 農園の一部では、春野菜の植え込みや種蒔きが進んでいる。 去年の12月…

農園日誌Ⅱー活きることーPARTⅥー荒れ地の開墾

31.2.20(晴れ)最高温度17度、最低温度6度 草木堆肥の切り返し作業 10日程前に積み上げた堆肥を切り返している処。 通常は半月程で切り返しを行うが、水分が多すぎたことと、混ぜ込みが荒かったため、 早めに切り替えし作業を行い、乾燥した草…

農園日誌Ⅱ-「活きること」PARTⅤ

31.2.13(水曜日)晴れ、最高温度12度、最低温度3度 巻き始めたキャベツ 当農園の密集栽培。 野菜はゆったりと間隔を空けて植え込むと、延び延びと育つのか、肥大するのみで 必ずしも良い姿にはなり難い。 ある程度、密集させると、競って大きくな…

農園日誌Ⅱー「活きること」PARTⅣ

31.2.6(水曜日)雨後曇り、最高温度13度、最低温度6度 堆肥作り 寒さも和らぐ気配を感じて、春野菜用の堆肥作りを行う。 この時季は温度も低く、使える状態に発酵が進むには、約2ヶ月を要する。 「活きること」ーPARTⅣ ―人との出会いは、楽しから…

農園日誌Ⅱー「活きること」ーPARTⅢ

31.1.30(水曜日)晴れ、最高温度12度、最低温度2度 冬の農園、雨を待つ野菜のためにビニールトンネルを剥ぐ トンネルを剥ぐと、畑の全容が現れ、野菜の成長が見える。ついでに雑草も・・ 雨の後、寒に当てるため、リスクはあるものの、しばらく剥…

農園日誌Ⅱー「活きること」PARTⅡ

31.1.23(水曜日)晴れ、最高温度15度、最低温度3度 農園を初めて間もない頃の孫二人 自然の中で育つと、子供の目はまん丸になる。今時の子供の目とは異なり、古き良き時代の姿です。今ではこの二人は小学4年生となっている。 「活きること」PART…

農園日誌 Ⅱ 「活きること」ーこれは佐藤自然農園の記録です。

31.1.15(水曜日)晴れ、最高温度14度、最低温度4度 長らく、農園日誌を読んで頂きありがとうございました。 今までの農園日誌は、今年からは、むかし野菜のホームページに、(従来の農園 日誌)移行していきます。 今後は、佐藤自然農園の発足当時…

農園日誌ー年が明けて

31.1.6(日曜日)晴れ、最高温度12度、最低温度3度 新年明けまして、今年もよろしくお願い致します 農園はビニールトンネルに 覆われ、 新しい年を迎えております。 この中では、 年末に蒔いた 幼苗達が、寒に堪え、害虫被害に晒され、 ながらも、 …

農園日誌ー一年間ご愛読頂きありがとうございました

30.12.27(木曜日)晴れ、最高温度10度、最低温度4度 農園は冬ごもり 今日は比較的過ごしやすかったが、明日からは大寒波が襲ってくる。 年末から年始にかけて、個人配送の方にはお休みを頂き、年に一回の少し長めの お休みを頂くため、今日は仕…

農園日誌ー高質で健全な食品及び農産物の生産及び販売

30.12.19(水曜日)晴れ、最高温度14度、最低温度3度 霜に覆われた農園 早朝、出荷作業に畑に出かけたら、一面真っ白な世界。今年最強の霜。 暖冬のため、野菜もトンネルを掛けずにいたら、畑は氷点下まで下がっていたのか かなりなダメージを受…

農園日誌ー高質で健全な食品及び農産物の生産及び販

30.12.12(水曜日)曇り、時折時雨れ、最高温度10度、最低温度5度 乳酸菌発酵の漬物達 これはむかし野菜の邑にて、製造している漬物の一部です。 我が家の漬物は、日本人が、むかしから、こよなく愛してきた発酵食品であり、保存食です。 当然な…

農園日誌ー

30.12.5(水曜日)曇り、最高温度20度、最低温度12度 12月と言うのに、最高温度が20度となっている。 これも金曜日頃から急速に冷え込みが始まり、最高温度も8度、最低温度は2度と なるそうだ。 暖冬のおかげで野菜の成長が早く、時間差植…

農園日誌ー

30.11.28(水曜日)曇り後時雨、最高温度15度、最低温度8度 秋の収穫祭 11.25.秋最後の日曜日、幼児も含めて総勢60余名のご家族が集まり、収穫体験を催す。大根・セロリ・一本葱・じゃがいも・ピーマン・葉野菜などを収穫した。 冒頭の写…

農園日誌ー

30.11.21(水曜日)曇り、最高温度18度、最低温度7度 関東からの突然の訪問客 昨日は、午後から若手スタッフは11.25(日)の農園マルシェ開催へ向けた収穫祭のイベントの集客のため、手作りのチラシ配りに団地を回っていた。 その頃、突然に…

農園日誌ー

30.11.14 晴れ、最高温度22度、最低温度12度 岡城にて 今年は、久しぶりに 秋らしい秋が来て、 野菜も紅葉も、野山もきれいな景色が拡がっている。 地球温暖化の警鐘が鳴らされても、米国・中国・ロシアなどの大国の為政者は、自国の利ばかり追…

農園日誌ー秋、盛り

30.11.7(水曜日)晴れ、最高温度23度、最低温度12度 秋野菜に覆われる5.6番の圃場 この圃場も草木堆肥歴7年目に入っている。 秋のやさしい残光を浴び、くっきりと浮かび揚がる。 今では主力の畑の仲間入りを果たして大活躍している。 8年前…

農園日誌ー

30.10.31(水曜日)曇り、最高温度20度、最低温度11度 玉葱の初植え 秋も本番、年間4万本の玉葱の植え付けが始まった。 先ずは極早生品種4千本から。むかし野菜の邑のコアメンバーである後藤農園(佐藤自然農園の研修卒業後)の圃場から始まっ…

農園日誌ー

30.10.24(月曜日)晴れ、最高温度24度、最低温度15度 久住の秋 先週の土曜日、気分転換を兼ねて昼から孫一人を連れて、久住連山を散策してきた。久しぶりのきれいな紅葉を見させてもらった。 バイクの男性(60代か?)が話しかけてきて、数年…

農園日誌ー

30.10.17(水曜日)曇り、後晴れ、最高温度24度、最低温度16度 秋野菜に覆われ始めている3番の圃場 3度の台風襲来により、茄子類が痛手を被り、撤去した後の畝に秋野菜の定植・種蒔きを行った。 農園としては痛しかゆしの処。夏野菜を撤去しな…

農園日誌ー農園マルシェ開催に向けて

30.10.10(水曜日)曇り、最高温度24度、最低温度20度 野菜万頭 様々な野菜を具材に 草木堆肥で育てた小麦の全粒粉 この他、全粒粉の小麦で参加した子供達も含めて、やせ馬を作った。 小学5年生の親御さんからは、長らく、親子の会話がなかった…

農園日誌ー

30.10.3(水曜日)晴れ、最高温度24度、最低温度20度 ほうれん草の種蒔き 台風一過、随分と朝夕が涼しく感じられ、時には肌寒ささえ覚える気候になってきた。そうなると、ほうれん草の種蒔き時季となる。 台風24号は思いの他、大きな被害をもた…

農園日誌ー

30.9.26(水曜日)曇り後雨、最高温度25度、最低温度22度 暑季過ぎて土手一面の曼珠沙華 夜も眠れないほどの暑さだったのに、気がつくと、朝は布団にくるまっている。 それもそうで、早、9月も終わろうとしている。 農園では、畝作り、種蒔き、…

農園日誌ー初秋を迎えて

30.9.19(水曜日)雲り、最高温度29度、最低温度24度 里芋にあらず、筍芋です 季節は暦の上では、初秋9月となっている。 それでも、気温は30度前後。一昔であれば、充分に夏の平均温度となっている。 日中に鍬打ち作業を行えば、今日もそうだ…

農園日誌ーむかし野菜の邑の進むべき道は?

30.9.12(水曜日)雨、最高温度28度、最低温度24度 二番の畑にセロリが植わった 秋野菜の準備を進めていた畑に、セロリを 定植した風景。(今年11月末頃から出荷) (左の写真)畝全体に草木堆肥を振った 後に、畝立てし、同じく草木堆肥を先肥…

農園日誌ー

30.9.6(木曜日)曇り、最高温度33度、最低温度25度 秋野菜の植え付け始まる 秋作のため、空けていた二番の圃場。 草木堆肥を降り、畝立てを終え、写真は秋インゲン豆を定植しているところ。 ここには、人参・セロリ・芽キャベツ・白菜などを植え…