農園日誌ーⅢーむかし野菜の四季

2020.9.17(木)曇り時折小雨、最高温度28度、最低温度23度

f:id:sato-shizen-nouen:20200917224528j:plain

               現在の2番の圃場

御覧の通り、夏野菜も無く、出荷間近な野菜はここにはありません。

秋野菜一色に染まっています。

f:id:sato-shizen-nouen:20200917224746j:plain

           二番の圃場に咲いた四角豆の花

 

アフリカ原産の秋になると実を付ける豆です。可憐な愛らしい花です。

 

2020.9.17 秋の端境期

 

日本は四季の国であった。四つの季は確かに毎年やってくる。

唯、そこに雨季と乾季が重なり始めている。特に梅雨から夏場に関しては

亜熱帯気候の特徴が濃厚に出始めている。長年露地栽培を行っていると

農業者の肌がそう言っている。

この気候は今までの四季の農業と言う概念を変えさせるものになっていると

言うことです。

農産物の出来不出来が毎年はっきりとし始めている。

去年は茄子が全くダメで、今年は大豆が育たない。6~7月蒔きの人参は

全滅した。

(鋤き込むのもかわいそうなので、少量ずつ安く皆様にお配りした)

そのため毎年の経験値は役に立たない。これは露地栽培農家にとっては大変な

ことなのです。

当農園は、他の農家とは違って単作栽培はしていないため、リスクは分散でき

るのですが、毎週野菜を消費者に届けるとなると、常に同じ野菜と言う訳には

いかない。

この初秋の端境期、異常気象で(とは言っても毎年異常気象ですが)アイテム

不足が生じている。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200917225247j:plain

                葉物野菜と蕪

 

現在、農園では秋野菜の種蒔き・定植を急ピッチで行っている。

8月・9月の初旬頃まで、露地及び育苗トレイに撒いた種はあまりの暑さに

育ってくれない。

ようやく9月中旬、やや涼しくなってきたため、育ち始めている。

但、本来8月に種を蒔く(育苗)ものが9月中旬にずれ込んでいるため、

早くとも10月下旬頃にしか出荷ができない。

その間、農園ではアイテム不足に苦しみ、お客様はいつも同じ野菜に悩まされ

ることとなる。

その悩みをいささか慰めてくれるのが、さつまいも・里芋・筍芋・栗・かぼす

・南瓜などの初秋野菜です。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200917225416j:plain

            赤蕪、根っこもやはり赤い

 

日本の四季は壊れ始めていますが、かろうじて四季の旬菜は形を留めているようです。

それもいつまで続くのか?

次回は現在の旬菜について、お話致しましょう。

 

農園日誌ーⅢーむかし野菜の四季

2020.9.2(水)雨後曇り、最高温度34度、最低温度27度

f:id:sato-shizen-nouen:20200902202206j:plain

            カラカラに乾燥した3番の圃場

 

すでに40日以上雨が降っていない乾期の圃場。

ラクターで起こすと土埃が舞い上がり、砂漠となってしまった畑。

台風襲来を心待ちにしていた。

 

2020.9.2 大型台風襲来!

 

大型となった台風9号が通過していった。期待していた雨はわずかで、

畑の表面をぬらす程度。

続いて台風10号が接近している。これはかなりの大型に成長しそうであり、

九州に大きな被害をもたらす可能性が高い。この雨には期待しているが、

直撃を受けると、夏野菜は根こそぎ吹っ飛んでしまう。

農園は風対策に備えて夏野菜の誘引作業と支柱の補強作業を行う。

それでも何とか耐えられる限度は風速20メートルまでであり、それ以上と

なれば、天を仰ぐしか無い。

この時季の台風は、乾季に苦しめられてきた夏野菜にとっては恵の雨となる。

日本の気候は亜熱帯気候に変わりつつあり、雨期と乾期に分かれていくのか

もしれない。

夏期は、台風が近づいて欲しくは無いが、雨は欲しいと言うのが露地栽培

農家の思い。

進路に当たる九州の被害は出来るだけ少なく、恵の雨は欲しいと願うばかり

である。

同時に、カラカラに乾いた大地に浸み込む雨は、種蒔きの時の恵の雨でもある。

台風は日本においては、悪者扱いされてきているが、この台風が無いと、日本

の農業は成り立っていかないのです。

f:id:sato-shizen-nouen:20200902203305j:plain

むらさき茄子が死に貧している 。実はなってはいるも立ち枯れ掛かっている。

雨をもたらしてくれるはずの台風9号は地表の表面をわずかに濡らした程度。

 

夏野菜の支柱誘引などの補強作業と同時に、種蒔きのための土作り(

堆肥撒き・畝作り)を急ピッチで行わねばならない。明日からは忙しくなる。

乾季の夏にずっと耐えてきた人参は、成長が出来ず、細いまま出荷となった

ため、初秋に出荷する予定の人参が無くなった。取り敢えず、3番の圃場に

畝二本分、種を蒔く。

葉物野菜は4番の圃場に続けて、9番(小原農園)に一本、種を蒔くように

指示。7番(竹内農園)には、秋インゲンの直播きを指示。

後は、蕪数種・聖護院大根金時人参・じゃがいもなどの種蒔きがどこまで

できるか。

育苗トレイに種を蒔いたズッキーニ・胡瓜・秋南瓜が徒長しており、蒔き直し

をしなければならないかもしれない。今日帰り際に、男子全員で植え付けの

作戦会議を行う。

夏野菜が余りの乾季にかなり弱ってきており、初秋出荷できる野菜を植え込ん

でいかねば、夏野菜の後が続いていかない。

台風一過、やや涼しくなりそうで、いよいよ秋野菜の種蒔きが本格化してくる

季節を迎える。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200902203741j:plain

乾燥に強いトマト・ピーマン系の一部も、葉っぱは黄色くなり、立ち枯れたものも

目立ち始めている。台風一過の5番の圃場。

 

先週、日曜日開催のマルシェの売上が目標としていた一日50,000円

を超えた。野菜が30,000円菓子・惣菜が20,000円強、微々たる

ものだが、ここにきてようやく地元大分の方々の常連さん達からの支持が得

られ始めたようだ。

今週の日曜日、農園マルシェの日、台風の動向が気になる。

全国に二百数十名の定期購入のお客様がいる。台風の直撃を食らうと、その

方々への野菜配送は一ヶ月以上は止まる。

となれば、農園配送復旧のため、明日からは秋野菜の種蒔きは急がなければ

ならない。

自然野菜を期待して待って居られるお客様を裏切れない。そのプレッシャーは

かなり重い。

f:id:sato-shizen-nouen:20200902204408j:plain

雨を待ちきれず、葉物野菜の種を二列分、蒔いてみたが、サラダ系野菜はこの暑さで全滅

それでも種を蒔かなければ、野菜はできない。この時季はめげずにチャレンジし続けるしか無い。

農園日誌Ⅲーむかし野菜の四季

2020.8.26(水)曇り時折小雨、最高温度35度、最低温度27度

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826194734j:plain

                  バジル

 

2020.8.25  農園主の憂鬱

 

秋野菜の種蒔きシーズンが到来している。畑には夏野菜しか無い。

秋野菜に欠かせない葉物・人参・大根・キャベツ・ブロッコリー・蕪類など、

種を蒔いても雨は降らず、畑は砂漠のように水気が無く、風が吹けば砂塵が

舞い上がる。そこに容赦なく34~36度の日差しが刺す。

育苗トレイに種を蒔いても、寒冷紗を掛けねば発芽した芽は途端に焼き切れ

てしまう。寒冷紗を掛ければ、発芽した苗はもやしのように徒長してしまい、

苗にもならない。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826195756j:plain

              開封前の醸造味噌

 

農業の現場をご存じない消費者やメディアはその農家の窮状を知らない。

今まで経験したことの無い気候が露地栽培農家を痛めつけている。

味噌作りに欠かせない大豆はすでに三回蒔き直してはいるが、

発芽してくれない。除草剤を使わないため、わずかに発芽した大豆もあっと

いう間に草に埋もれてしまっている。

明日は、35度を超える温度の中で、全員で大豆の圃場の草刈りと除草作業を

しなければならない。体力を使い果たした中での炎天下の作業になり、

気力も萎えつつある。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826200241j:plain

                オクラの花

 

それでもコロナの影響なのか、テレビ放映(霧島酒造の番組の中)や家庭画報

掲載のせいか分からないが、最近お客様が増えつつある。

真にありがたいことながら、野菜が持つかそれが不安になってくる。

農園主にとって、草木堆肥ができていないことや、野菜が育っていないことが

一番の不安である。野菜を待って居られる仲間達(消費者)へ送る野菜が無い

ことが、最大のプレッシャ―となっており、焦燥感に駆られる。

f:id:sato-shizen-nouen:20200826200114j:plain

              農園の夕暮れ

 

今日もありがたいことに、関東のお客様からメールが届く。

「初めての野菜が届きました。形も色も常の野菜とは異なり、これが自然栽培

の野菜なのか、食べてみると、全てが今までに経験したこと無い美味しさであ

り、是非、継続したい」

いつもであれば、手放しで喜べるところ、今年の晩夏は何故か心が晴れない。

気まぐれな気候の中で、いつもその試練に耐えて頑張っているではないかと、

自分に言い聞かせながら、衰えつつある体を動かす。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826200429j:plain



 

農園日誌Ⅲーむかし野菜の四季

2020.8.26(水)曇り時折小雨、最高温度35度、最低温度27度

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826194734j:plain

                  バジル

 

2020.8.25  農園主の憂鬱

 

秋野菜の種蒔きシーズンが到来している。畑には夏野菜しか無い。

秋野菜に欠かせない葉物・人参・大根・キャベツ・ブロッコリー・蕪類など、

種を蒔いても雨は降らず、畑は砂漠のように水気が無く、風が吹けば砂塵が

舞い上がる。そこに容赦なく34~36度の日差しが刺す。

育苗トレイに種を蒔いても、寒冷紗を掛けねば発芽した芽は途端に焼き切れ

てしまう。寒冷紗を掛ければ、発芽した苗はもやしのように徒長してしまい、

苗にもならない。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826195756j:plain

              開封前の醸造味噌

 

農業の現場をご存じない消費者やメディアはその農家の窮状を知らない。

今まで経験したことの無い気候が露地栽培農家を痛めつけている。

味噌作りに欠かせない大豆はすでに三回蒔き直してはいるが、

発芽してくれない。除草剤を使わないため、わずかに発芽した大豆もあっと

いう間に草に埋もれてしまっている。

明日は、35度を超える温度の中で、全員で大豆の圃場の草刈りと除草作業を

しなければならない。体力を使い果たした中での炎天下の作業になり、

気力も萎えつつある。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200826200241j:plain

                オクラの花

 

それでもコロナの影響なのか、テレビ放映(霧島酒造の番組の中)や家庭画報

掲載のせいか分からないが、最近お客様が増えつつある。

真にありがたいことながら、野菜が持つかそれが不安になってくる。

農園主にとって、草木堆肥ができていないことや、野菜が育っていないことが

一番の不安である。野菜を待って居られる仲間達(消費者)へ送る野菜が無い

ことが、最大のプレッシャ―となっており、焦燥感に駆られる。

f:id:sato-shizen-nouen:20200826200114j:plain

              農園の夕暮れ

 

今日もありがたいことに、関東のお客様からメールが届く。

「初めての野菜が届きました。形も色も常の野菜とは異なり、これが自然栽培

の野菜なのか、食べてみると、全てが今までに経験したこと無い美味しさであ

り、是非、継続したい」

いつもであれば、手放しで喜べるところ、今年の晩夏は何故か心が晴れない。

気まぐれな気候の中で、いつもその試練に耐えて頑張っているではないかと、

自分に言い聞かせながら、衰えつつある体を動かす。

 

 

農園日誌Ⅲー、むかし野菜の四季

2020.8.19(快晴)最高温度35度、最低温度26度

f:id:sato-shizen-nouen:20200819192447j:plain

              茄子の最盛期を迎える

 

去年、茄子の不作となり、その教訓を活かし、今年は中耕・剪定誘引管理に

気を張ってきた。その甲斐があり、この酷暑の中、枝には茄子が鈴成り状態。

その元気を持続させるため、男性スタッフ達が連日の水遣りをしてくれている。

 

2020.8.17 台風襲来を待つ

 

今年の気候は・・と毎年言っているが、またしても記録的な暑さをもたらして

いる。そもそも日常的に最高温度が35度以上と言うことは今まで無かった。

それもさることながら、梅雨期の集中豪雨により、野菜達は土が塊り、

酸欠状態に陥る。一転して雨が降らない乾期へ突入してくる。

こうなると露地野菜達は息つく暇も無く、成長が阻害され、花落ち、実落ち、

葉っぱは黄色く変色してくる。生きているのがやっとの状態となる。

どうやらこの気候変動は恒常的になっているようで、特に露地野菜の栽培は

年々厳しさを増してくることになる。

農人は固まった土をほぐし(畝上げ)、乾季にはタンクに水を積み、散水を

繰り返し、一所懸命に野菜を助けようとするが、やはり天から降ってくる雨の

力には勝てない。

f:id:sato-shizen-nouen:20200819193407j:plain

茄子は葉っぱが茂り、側枝が無数に出てくる。そうなると光と風が入らず、茄子の場合

常の剪定誘引作業が欠かせない。古い葉っぱや無駄な側枝や茂った葉っぱを摘除し、透いて

やらねばならない。この作業が中々に根気の要る作業である。経験と勘も要る。

 

その時、露地栽培農家を、そして野菜達を救ってくれるのが、台風ということ

になる。

大型台風の直撃を受けて全滅になることもしばしばではあるが、台風は露地

栽培には決して欠かせない天の差配である。日本の気候(四季)は真に良く

出来ている。

これが最近の数十年で徐々に変化してきており、四季が壊れ、年々厳しさを

増している。

今までであれば、8月の盆明けには、何の種を蒔いてと言ったセオリーは最近

の気候ではもう通じない。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200819194214j:plain

翡翠茄子; 白茄子などと同じ系統の茄子。味は繊細で、クリーミー

 

当農園では、捨て植えを良くやるようになった。一か八かで種を蒔いてみる。

概ね失敗するが、時には希に成功することもある。

こんな繰り返しをしているのです。

現在、個人・飲食店を含めて全国に二百数十名の定期購入のお客様が待っている。

農園を信頼して、自らの健康のために、自然循環農法による自然野菜を待って

居られる方を裏切るわけにはいかない。この自負心とプレッシャーが我々の

精神力を支えている。

今週末頃、気候の変わり目を迎えるかもしれない。それでも最高温度は33度

である。ようやく秋野菜の植付け・種蒔きを始められる。

今日、育苗トレイやポットに胡瓜・ズッキーニ・秋インゲン・ブロッコリー

などの種を蒔いた。

f:id:sato-shizen-nouen:20200819194548j:plain

三色茄子; 紫・白・緑の三種ある。こちらは東南アジア原産の品種で、炒め物に合う。

 

2020.8.12(水)晴れ、最高温度34度、最低温度25度

f:id:sato-shizen-nouen:20200812194201j:plain

          由布市庄内の穀類専用畑に大豆を蒔く

 

今年の暑さは尋常では無い。日差しは強く、雨はすでに4週間降っていない。

土はぼこぼこ、土埃が舞い上がる。畑の温度は40度超え。

来年用の味噌作りのための大豆ができるのか、それが心配。それでも種を

蒔かねばできない。すでに二回種を蒔き直した。

一度目は、余りの湿気(梅雨明けに種蒔き)に種が腐ったようだ。二回目は

乾季の中での種蒔きとなった。

 

 

2020.8.5 コロナ時代に「食を考える」その三 どのように生きる

 国家は一体誰のためにあるのか?

国家VS民権と言うテーマはいつの時代にも大きな問題とされてきている。

これは、明治時代の日本国家の創世記にも、国力を上げようとした時の

為政者達の施策によって、多くの国民の血を流し、そして、現在の政権に

繋がっている。

民権の代弁者であるはずのメディアや報道関係も国の権力やスポンサーに

忖度しており、正確な情報を伝えようとしていない。

国の体制側には、必ずと言って既得権益が生じ、その「権益」を守る側に、

官僚も役所も政治家も居る。

それらの権力を監視する側の国民の「民意」がメディアも含めて機能して

いない時に、世界規模でコロナウィルスが襲ってきた。

経済を守るために、また、政治家自らの立場を維持するために、政治は動きを

止め無為無策にやり過ごそうとしているようにしか見えない。自浄能力を失っ

た国の形が見えてくる。

それらの政治家を選んだのも国民であり、どこか悲しい。

f:id:sato-shizen-nouen:20200812195935j:plain

除草剤を排し、化学物質の入っていない草木堆肥を振り、手作業での除草を行い、

ようやく採れた穀類を使った様々な加工品群。

 

中国との関係悪化などで行き場を失ったアメリカの農産物、その救済にと、

アメリカから日本への食品輸入を加速させようとしている。

日本の農業が死滅していこうとしているのに、と言う腹立たしささえ感じて

いる。

肥育ホルモン漬けとなった牛肉・豚肉、遺伝子組み換え作物、添加物に塗れた

輸入食品群など、その危険性を国民に知らせずに輸入を促進しようとしている。

日本国民はモルモットではない。

日本の農業の死滅危機・食品の危険性、そのいずれもメディアは報じようと

していない。

 

民意とは一体何か?国民の総意とは何か?

正しい情報を知る努力をしない人、自分にしか目を向けない人、世評に流さ

れる人、自己過信しかなく謙虚さを失った人達にとっては、報道の裏側・施策

の裏側にも正しい情報が隠されていることにも気がつかない。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200812200348j:plain

         積み上げた草木堆肥の上で遊ぶ子供達

計測不能な程の菌類に囲まれて育った子供達。草木堆肥や露地栽培そのものが自然循環の仕組み

であり、菌類との共生の生き方なのです

 

自らの意見を持たず、大多数の国民が己しか見ていない国民には真の「民意」

は無いのかもしれない。コロナ感染者をまるで魔女狩りの様に扱う寛容性の

無い人達などを見ていると、体制に従わない人達を抑圧し続け、不幸な大戦に

突き進んだ時代に、今の日本の世相が酷似している。

全世界が目に見えない新型のウィルスの恐怖に襲われており、経済は停滞せざ

るを得ない状況に追い込まれている。こういう時代だからこそ、一度、立ち

止まって、自らの周辺を、様々な情報を見直してみることも必要ではないで

しょうか・・・

 

農園日誌Ⅲーむかし野菜の四季

2020.8.5(水)晴れ、最高温度34度、最低温度26度

f:id:sato-shizen-nouen:20200805195515j:plain

          剪定誘引作業を終えたトマトと夏野菜達

 

トマトは、60メートルの畝が10本。

剪定誘引・芽掻き作業を一通り終えると、もう最初に剪定した畝のトマトは

すでに暴れ回っており、また最初の畝に戻り剪定作業を行わなければならない。

その繰り返しを10月終わり頃までし続けねば、すぐにブッシュになり、

風や光は通さないし、ミツバチの受粉はしないし、害虫が発生する。労力の

塊です。今年は、その作業を諦めずに続けており、トマトは今の処、豊作です。

 

2020.8.1 コロナ時代に「食を考える」その二 自然体の生き方

 

最高温度34度、最低温度25度、気象庁が出した8月の気温予報です。

畑の地表面の温度は軽く38度を超えて、40度弱と言った処か。これから

8月下旬頃までこの温度が続き、雨は台風が襲ってこなければ降らない。

地表は乾き、乾季がやってくる。

軽トラックにポンプを積み、毎日10カ所の圃場に散水して回ることになる。

夏野菜達は、日中は酷暑に晒され、うなだれながら耐えて、夜になると露が

降りて息を吹き返す。

そんな圃場の中で、農人達は早朝から畑に出て収穫や作業を行い、日出しの

強い日中はトマト・茄子などの剪定作業を行い、夕方から力仕事を行う。

夏は人と野菜の忍耐の日々が続く。

f:id:sato-shizen-nouen:20200805201130j:plain

        茄子の圃場、10種類の茄子が植わっている

トマト同じように剪定誘引作業を行い続けねばならないのがこの茄子です。

古い葉っぱと生命力の弱い枝は常に落とし、風と光の道を作ってやらねば、

ミツバチは寄ってこない。炎天下の中、トマトに行ったり、茄子に行ったりの繰り返し。
 

8月中旬頃から育苗トレイに秋野菜の種蒔きが始まり、9月初旬になると

一斉に定植を行う。

この頃、暑さのため、眠っていた畑が始動を開始、一斉に秋冬野菜の直播き

も行う。そのため、夏場、草木堆肥の作り溜めを行う。

日本人が古来から行ってきた草や木・葉っぱなどによる草木堆肥には、土着菌

が棲んでいる。草木堆肥を永年施肥していると、雨が降った後には、畑からキ

ノコ(菌)が生えてくる。

江戸時代の農業本には、「キノコが出てくる畑は理想の土」と書いてある。

小動物・小虫・微生物・放線菌、そこには当然にウィルスも棲んでいる。

サルモネラ菌もオー157も居る。

コロナウィルスはどうだかは分からないが・・・!

貴方の畑は「危ないではないか」とおっしゃるかもしれないが、自然界とは

そう言うものだ。

かれこれ20年ほど全国に野菜をお届けしているが、菌に冒されたと言った話

は無い。土が付いた手で食事をすることもあるが、20年ほど、歯医者以外は

行ったことが無い。

  f:id:sato-shizen-nouen:20200805201035j:plain


 学者は良性菌・悪性菌と区別しているが、そもそもそれは、人間にとって

良いか悪いかと、言うだけであり、自然界からすれば、そんな差別は無い。

自然界の微生物は、互いに競い合い、助け合い、自然を浄化し、特定の菌だけ

がはびこることもなく、真に不思議なほど、自然界のバランスを保っている。

この自然浄化の仕組を使って、微生物と・菌類と共生してきた農業が日本人の

自然循環農業なのです。

やれ!滅菌・除菌・抗菌などと称して、自分の身辺の菌を殺し続けても、

「菌」の生命力に適うはずも無い。人の体には、腸内細菌も含めて無数の菌が

棲んでいる。

保健所が衛生管理という立場で、調理場・加工場・漬物工房などを無菌状態に

することを勧める。しかしながら、ここに悪性菌が一つでも入り込めば、

敵は居ないため、一瞬のうちに蔓延する。

むしろ、菌との距離を置くのでは無く、菌との共生、即ち、自然浄化の仕組み

の中に身を置くことに慣れた方が、自然体なのです。

何故なら、人間も多種多様な菌類や微生物から進化した地球上の一つの

「生命体」に過ぎないからであり、生きているのでは無く、

生かされているのです。

 

f:id:sato-shizen-nouen:20200805201657j:plain

           草木堆肥の切り返し作業風景

    f:id:sato-shizen-nouen:20200805201755j:plain

    草木堆肥を積み上げて20日ほど経過すると、白い放線菌が増殖している。

    もしも、この菌類が地球上に居なければ、世界は死骸に充ち満ちている。

    自然環境を守ってくれているのですね。

 

今日は農園主の誕生日で、71歳になります。

草・葉っぱ・剪定屑などを使った草木堆肥による土作りを行って、すでに実験

期間も含めて30年になろうとしている。その中に棲んでいる多種多様な

微生物・菌類と共生してきた。

銀行員時代とは違って、多少体はきついけど、9人の孫達も含めて、皆、

健康で居られるのも彼ら菌や微生物のお陰です。

健康体であろうと思えば、便利さとは多少距離を置き、食品添加物に塗れた

食をやや遠ざけ、健全な農産物やその加工品を取り入れた食生活を行い、

コロナウィルスなどの悪性な菌から体を守ってくれるであろう免疫力を高めて

いくことしか無いと思うのですが・・・